様々な種類を使い分ける、我がプロテインミックス理論

色々なプロテイン

プロテインについてよく学んだ僕は、多くの種類があるプロテインを場面ごとに使い分けて理想的な効果を得られるよう色々な使用法を考えました。何ヶ月もかけて、どのプロテインをどういうタイミングで摂取すると効率がよいのかひたすら探し求め、その結果得られた我がプロテインミックス理論をご紹介します。

まず、プロテインは「ホエイプロテイン」と「カゼインプロテイン」の2種類を最低限用意します。カゼインプロテインに関してはホエイもブレンドされたものがほとんどですが、できるだけカゼインのみ、それが見つからなければホエイ含有量が少ないものを選びます。
ホエイプロテインは吸収が早く筋肉に直接働きかけるほどタンパク質が豊富かつ効果が高いので、トレーニングや運動の後にしっかりと摂取します。これによってカラダづくりが効率的になり、逞しいカラダを早く作ることが可能になります。

そしてカゼインプロテイン。これは吸収が遅く栄養素が体内にじっくり浸透していくので、眠る前や寝起きに飲むとよいです。
(参考:アミノ酸摂取のタイミング

一日中トレーニングをしているわけではないのですから、寝ている間や仕事している間に効果を得られるように飲むわけですね。

最後にソイプロテイン。これは血流がよくなったり骨が強くなったり、肌の形成に効果があったりします。上に挙げた2つに比べて、健康維持を目的としている傾向が強いです。ビタミンやカルシウムを含んだものを選べば、総合的な栄養補助食品として活用できるでしょう。カラダを作るという意味では必須のものじゃないですけど、用意できるならしておきましょう。栄養が足りないな、強い体を作りたいなと思うのであれば、摂取をオススメします。

これらのプロテインを場面や目的によって使い分けることで、健康かつ理想的な体を作り上げることが可能になります。プロテインを飲むとなるとどれか1つだけに固執しがちですが、こういう使い方ができるともっと体にいいですよ。