グルタミンを含む食べ物

小麦粉

体の免疫力を高めてくれたり、筋肉のダメージを抑えてくれたり、という効果が期待できるグルタミンですが、体内で作られる以外には、一体どのような食べ物から摂取する事ができるのでしょうか。グルタミンを多く含む食品とされているのが、小麦粉やサトウキビ、大豆、海藻、肉、魚、卵、チーズ、牛乳、トマトなどがあげられます。特に小麦は多くのグルタミンを含んでいるのですが、グルタミンの問題点に熱を加えると壊れてしまうという欠点があります。

その為、グルタミンを多く含んだ小麦でも、生のまま食べると言うのが難しく、パンなどに加工する際に熱の影響でほとんど壊れてしまいます。同様の理由で、肉、魚なども生食しない限りは摂取が困難です。卵は、生のまま卵かけごはんのような食べ方をするならともかく、毎食そういった食べ方をするわけにもいかないので、これもいくらか問題が残ります。

大豆食品も殆どのものが一度火を通すものが多いですし、チーズについても、熱は加えないにしても発酵過程で他の栄養素と結合したりして、成分が変わってしまう問題があります。
(参考:アミノ酸の大切さ

また、チーズの場合は、牛乳同様にグルタミンを多くとるために大量摂取すると、それと同時に乳脂肪もたくさん摂取してしまうので、栄養バランスに問題があります。

唯一生食で問題なく摂取できるのはトマトになりますが、含まれている量から考えると、かなりの量を食べる必要が出てきます。このようになかなか簡単に摂取する事が困難な、グルタミンですので、不足することなく補充しようとおもえば、意識的に生食の状態で食べる事が可能なものは、そのまま食べる事を考える必要があるのかも知れません。しかし、生食で摂取すると食中毒の問題等も付きまといますので、新鮮なものに限って摂取するように併せて心がける必要があるかもしれません。